施術者紹介ページ

【施術者

田合 仁(たごう ひとし)

【所持資格】

鍼灸師(国家資格)

鍼灸達仁堂のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

自身のメンタルヘルスの経験より、おなじ悩みを抱えた人をサポートすべく2022年3月に神戸市東灘区で開業いたしました。

ただし、開業にいたるまでの経緯は複雑で、私(田合)の家系の問題は切っても切り離せません。

そこで、当ページ(施術者紹介)では、私が鍼灸師をめざしたきっかけとあわせて、私の人生に大きな影響をあたえた祖父についても触れさせていただきます。

目次

なぜ、祖父の紹介をするのか?

医師のイメージ

私の祖父、佐志達夫(1920年~2007年没)は旧東京帝国大学医学部の医局に所属する内科医でした。

(医籍登録番号116414)

太平洋戦争終了より50年※にわたり、祖父は東灘区住吉宮町で、開業医として医師の使命をまっとうします。

※阪神大震災があった1995年に廃業し、現在は院の面影もありません。

祖父の医師免許
祖父の医師免許を撮影したもの

医師でもある祖父にあこがれた幼少期

小学生のイメージ

太平洋戦争直後の復員船における船医になり、「西洋医学の教科書に出てくるすべての病気を見た」という祖父。私は、そんな祖父の背中を見ながら、幼少期を過ごしました。

鍼灸をはじめとする東洋医学に理解のある祖父

鍼灸の道具

いっぽうで日本では非科学的とも揶揄されやすい、鍼灸をはじめとする東洋医学(漢方)にも、医師として理解をしており、自身の腰痛に灸治療を受けていたようです。

祖父が鍼灸院とトラブル:家庭内では鍼灸の話題がタブーに

院前の様子

しかし、自身の診療所にかよう患者さんが、とある鍼灸院で施術を受けた際に動けなくなってしまい、救急車を呼ぶ事態に。

以降、祖父の前だけでなく、家庭内では『鍼灸』の文言がタブーになりました。

タブーとされた『鍼灸』の道をすすむまでの過程

幼少期からメンタルヘルス気質
西洋医学への疑問が頭をよぎる
祖父の死が大きな転機に
人生の迷いをなくすために

幼少期からメンタルヘルス気質

幼少期から高校まで

小学校の教室

私は、幼少期から落ち着きがなくお調子者な反面、敵を作りやすいタイプでした。

そんななか、小学4年生になると親から中学受験を勧められたことがストレスに感じていたのか、気分の上下がより激しくなることに。

中学時代には心身症と診断を受け、高校時代には環境の変化でさらに悪化します。当時は、感情のコントロールができないうえ、頭重感にも悩まされ、勉強にも集中できませんでした。

いまにして思えば『躁うつ病』の症状だったのでしょう。

みかねた母や祖父から東灘区住吉山手の精神科を紹介され、カウンセリングを受けました。

しかし、投薬治療はなく、「がんばれ」の一言だけ。

思ったような変化もないまま高校を卒業し、一浪を経て大阪の理工系大学に進学が決まりました。

その後、紆余曲折を経て京都の大学に編入します。

大学時代は薬の副作用に苦しむ

京都に引っ越してからは、躁うつに加えて睡眠障害をふくめた自律神経失調症に苦しみ、大学の近くにあった左京区松ヶ崎のメンタルクリニックを受診することになります。

  • ドグマチール
  • リーマス
  • アモバン
  • パキシル

など様々な薬を処方していただいたものの、決定打にはならず副作用(極度の倦怠感、EDなど)は強くなるばかりでした。

その後、漢方薬なども試しましたが決定打にいたることはなく、大学生活をギリギリのところで続けることになります。

妹のひとことが思わぬ方向に

私の体に大きな変化をもたらしてくれたのは、妹が何気なく紹介してくれた『気功』でした。

このページをご覧になっている方からすると、やや不審に思うかもしれませんが、当時の私には絶大な効果があり、頭も体もスッキリしたことを覚えています。

東洋医学が体に大きな変化をもたらしてくれた

施術の様子

気功で体に良い変化が出たなら、おなじ東洋医学の鍼灸も「自分にあっているのでは?」と思い、東灘区にある鍼灸院へ。

鍼の刺激により、全身の張りつめた感覚がなくなり「いままでの苦しみはいったい何だったのか?」と頭をガツンと殴られたような衝撃を受けたのはいまでも忘れられません。

西洋医学への疑問が頭をよぎり祖父との確執へ発展

薬のイメージ

鍼灸院への通院をきっかけに、過去に通院した精神科の『投薬治療=西洋医学』に疑問を持ちはじめることに。

さらには、おなじ西洋医学の医師ともいうべき祖父に対しても不信感を募らせてしまい、自ら顔をあわせる機会を作らないようにしました。

祖父の死をきっかけにタブーがなくなる

病院のベッドのイメージ

家系内で存在感の強かった祖父が亡くなった(※)タイミングで「パソコンと向き合うよりも人と向きあいたい」という、漠然とした考えが頭に思い浮かびます。

祖父の死をきっかけに、悩みに悩んだ結果、自身の体、家系の呪いを解き放つべく家庭内ではタブーとされた鍼灸師への道に進みます。

※2007年に老衰で逝去

人生の迷いをなくすために

一般的な西洋医学だけが『人を救う術(すべ)』とはかぎりません。

なにより、私自身のうつサバイバーとしての経験から「同じような悩みを抱えている人をサポートできる人材として、東洋医学を理解している鍼灸師が必要と考えております。

現在は鍼灸師および機能訓練指導員(介護予防およびリハビリ職員)として活動

自宅で鍼灸院を営むなか、日中は対人支援職として介護の現場にも立ち、私自身の接遇スキルを磨いております。

また、かつては認知症がすすんだ祖母※の終末期を軟着陸させるために、医療福祉人として、介護職の職務と、祖母への介護の両立を実践しておりました。

※2022年5月1日に逝去。

鍼灸達仁堂へのおもい

自身の経験を呪い続けないために

日本において約300万人(※)が私と似たような苦しさを経験しているなか、鍼灸師としてサポートする立場になったうえで、私にはどうしても拭い去りたいものがあります。

それは、祖父でもある佐志達夫とのしがらみをなくすことです。

日本でメンタルヘルスに悩む方はは419万人(平成29年):タップして開く

419万人のうち約300万人が、以下の疾患にあてはまります。

  • 統合失調症
  • 気分[感情]障害(躁うつ病を含む)
  • 神経症性障害,ストレス関連障害及び身体表現性障害

祖父(佐志 達夫)に対する罪ほろぼしの意味を込めた屋号

自分の体や家系を呪い続けても、過去は変えられません。それなら、幼少期に憧れた祖父の最期の願いを叶えるべく、屋号に『達』の1文字を入れて『鍼灸達仁堂』と名付けました。

  • 祖父:佐志
  • 私:田合

もちろん、正解かどうかはわかりません。ただ、屋号のなかに祖父と私が隣り合っていることで、祖父に対する罪滅ぼしにしたいと考えております。

心と体をすこしだけ変化させるお手伝いをします

脈診の様子
鍼施術の様子

完全予約制・個別対応にて待ち時間ゼロ

院内の様子

私の経験上、精神科・心療内科では、

  • 初診3ヶ月まち
  • 30分待機
  • 3分診療

といったケースもあります。

しかし、鍼灸達仁堂では、完全予約制&個別対応のため、来院までの期間や待ち時間はいっさいありません。

また、施術前には30~60分ほどお時間をいただき、治療(施術方針)方針を患者さまと二人三脚※で練り上げていきます。

※寛解に向けては、施術者に依存するだけでなく、受ける側の意思も必要なため。

納得できなければ料金はいただきません

一般的な鍼灸院にくらべても施術費用が高額なため、治療・施術などに納得できない場合は、料金をいただいておりません。

院内の様子

施術料金:5,000円(税込)

※施術時間70分前後となります。

施術内容にご満足いただけない場合、お伝えいただければ、施術を中止し全額返金いたします。

土日も受け付けております

苦しい思いをしながらも、仕事に従事されている方のために、一般的な休日にあたる土曜日・日曜日も受付をしております。

阪神・六甲ライナー
魚崎駅から徒歩3分

スクロールできます
受付時間
午前中
15:00~
20:00
19:30~
21:30

まずは『小さな一歩』から前に進んでください

問診の様子

鍼灸達仁堂では、うつサバイバーでもある私の経験をもとに、皆様の悩みに向き合います。

過去の私とおなじように、医療機関をあちこち受診しては「変化がみられない……」と嘆き立ち止まってしまう時間は、人生にとって有益とはいえません。

  • 西洋医学的な治療が合わない
  • なるべく薬に頼りたくない
  • 時間をかけて悩みを聞いてほしい

といったお悩みの方は、鍼灸達仁堂をご利用いただき、東洋医学的な視点からお体の状態を確認させていただければと思います。

施術者紹介

【施術者

田合 仁(たごう ひとし)

【所持資格】

鍼灸師(国家資格)

お問合せ方法について

24時間受付可能なネット予約です。

予約方法

  • 日時を選択
  • 必要事項のご記入

となります。

予約専用の電話番号です。
患者さんの人生を救う手助けをするための命綱です。

営業電話や冷やかしなど、お止めください。
しつこい場合、営業妨害として損害賠償請求させていただきます。

アクセス

兵庫県神戸市東灘区
魚崎中町4-10-27
(田合方)

【最寄り駅】

魚崎駅(阪神線・六甲ライナー)より徒歩3分

目次